研究者を目指す東大理系院生が、創業1年目のベンチャーでビジネスの世界に飛び込んでみた。

社員インタビュー

インターン生ながら、アーキベース1人目の人事として幅広い業務を担当し、また専門性を活かして事業データの分析まで行っているトモさん。

研究者を目指す大学院生でもあるトモさんに、アーキベースで働く理由を教えていただきました!

まずはトモさん自身について教えて下さい。

はい。僕は現在、大学院で統計学を専攻している院生です。昨年まで京都大学で栄養学系の研究をしていましたが、専門分野を変えて進学しました。将来的には研究者を目指しています!

研究者を目指しているトモさんが長期インターンを始めた理由はなんですか?

まず、将来的に研究者になるとしても、ビジネス的な観点を持つことは重要なのではないかと考えています。そのために、研究者として本格的に活動していく前に一定期間ビジネスにコミットする経験を得たいと思っていました。

学部生の頃は、京都という立地もあり、長期インターンする機会がなかなか得られなかったのですが、東京への進学を機にビジネスの世界へ飛び込んでみようと思いました。

様々な企業がある中、なぜアーキベースで働くことに決めたのでしょうか?

「合理性」と「発展可能性」を感じ、将来的な事業展開にワクワクを感じたからです。

アーキベースで初めてお話したのが代表の岩木なのですが、全社戦略や展開予定の事業について話を聞き、今後会社が発展していく可能性を大きく感じました。そして、IT導入が遅れた巨大市場に切り込んでいくという領域選定もとても意味があってワクワクするものだと思いました。

また僕は、会社または事業を俯瞰して見ることができるような職種として、人事・経営企画・マーケティングのいずれかを志望していたのですが、その中で人事にアサインして頂けるということも大きかったです。

アーキベースではどのような仕事をしているのですか?

インターン生ながら、かなり色々なことを担当しています。

最初は、採用基準や行動指針づくりに携わりました。具体的には、ハイパフォーマーと言われる人の気質がどういうところにあるのかを研究したり、社員の気質などを分析して言語化していきました。

また、採用広報や求人媒体の管理を通した採用母集団の拡充や、会社説明資料の作成なども担当しました。

最近では、統計学専攻の専門性を活かして事業の意思決定に活かすためのデータ分析も行っています。

アーキベースではどのようなことを学びましたか?

まず、時間に対する意識が高まりました。やるべきことが無限にある一方で、限られた時間の中でアウトプットを出していかなければならない。その中で、優先度をつけて能動的に時間を管理していく感覚は、実務をやっていく中でこれまで以上に研ぎ澄まされていきました。

次に、良い事例を参考にして取り入れていくスタンスが身につきました。アーキベースは、様々な事例を参考にして、良いものは業務改善に取り入れていくことに積極的です。僕は以前まで、何から何まで自分で考えて物事を行なっていくスタイルでした。しかし、アーキベースでの業務を通して、良い事例を取り込んでいくことで物事を加速させる重要性を感じました。

さらに、ビジネスを構造的に捉える力も身に着いたと思います。人事の業務では、現状で行なっている事業はもちろん、将来的に展開していく事業や経営戦略を踏まえた上で、そのために必要な人材や組織を定義していく必要があります。そのためには、市場や様々なビジネスモデルへの深い理解も必要です。アーキベースには立ち上げを構想している事業が10以上あるため、一つ一つの事業構造を把握しながら会社全体を俯瞰的に見ていました。

アーキベースに入社して良かったと思うのは、どのようなところでしょうか?

まず、意思をかなり尊重して頂いていることが大きいです。アーキベースは「何をやりたいのか?」という部分をしっかり考慮していく会社だと思います。人事へのアサインから普段の業務まで、会社にとってもプラスになることであれば、ほとんど何でも任せて頂いたと思っています。

もう一つ重要なことは、アーキベースは基本的に合理性を重視する会社だということです。アルバイトなどで、理不尽な扱いをされたり、不合理なことを押し付けられたような経験は、誰しもあるのではないかと思います。アーキベースではそのようなことは全くなく、代表の岩木とも対等にディスカッションして提案を受け入れて頂いたり、何か課題があっても具体的な改善点まで落とし込んで指摘して頂いたりしました。これはアーキベースの働きやすさを形成する良いカルチャーだなと思っています。

トモさん、ありがとうございました!

アーキベースでは、正社員、インターン生を大募集しています!
大きな裁量権のもとでビジネスを一緒につくっていきましょう!
少しでも興味を持ちましたらお気軽にご連絡ください。お待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました